認めたくない(原画)

3連作のうちの1枚、物語の中盤の核になる部分の作品。
物語は【自覚】→【認めたくない】→【うけいれる】と続き、
その後さらに【自覚】へと戻る、ループ系世界です。
(うけいれる は既に引き取られてゆきました)

3つの別のキャンバスで物語をつなぎ、しかもループさせるために、
「1つの同じ絵具を、全てのキャンバスに直接的に使用する」という
方法を実践しました。3つ全てのキャンバスに使われている流れるような濃紺は、
全てのキャンバスを通過しています。物理的にも、世界をつなげたかったのです。

【うけいれる】で大量に置いた濃紺をキャンバス上で水で薄め流し、
主に【認めたくない】にその流れた濃紺を垂らしていくなどしました。

【認めたくない】の一部には「ストリングジェルメディウム」という
画材を使用しています。蜂蜜のような質感で、色を混ぜることも出来る、
乾くと固まる透明のデロデロです。
このジェルメディウムをキャンバス上、円状にふんだんに盛り、
乾く前に上方から【うけいれる】の濃紺を垂らしたため、
デロデロの状態に濃紺の色水が流れ込んだりしています。
このような、偶然の産物の利用、意図せぬ結果の利用、を多用しています。

モチーフに【自覚】の猫の両目を大きく使用しつつも、
他のごっちゃりした書き込みや特殊なメディウムのインパクトが強く、
混沌とした印象の画になりました。周りの黒書き込みは、油性ペンです。

--
F0号キャンバスにアクリルガッシュ・ストリングジェルメディウム・油性ペン
額装込み 約H28.5cm×W24.5cm×D5cm

¥ 13,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 地域別送料

    全国一律 200円

※3,500円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。